ノンシリコンタイプのシャンプーとは

image

最近、体によいシャンプーとしてよく聞かれているが「ノンシリコン」タイプのシャンプーです。従来までのシリコン含有のシャンプーとは、毛髪にツヤを与えるためにコーティング用の材質としてシリコン剤が含まれているものをさしていました。しかし現在ではシリコン以外にも人体にとってはよくない働きをするコーティング用の素材が含まれているかどうかで「シリコン含有」「ノンシリコン」でシャンプーをタイプ分けしているようです。
シリコンやその他のコーティング用素材が含まれているシャンプーは、敏感肌など肌がもともと弱い人に深刻なダメージを与えることになってしまうと言われています。シリコンが含有されているシャンプーのために、アトピー症状が進んでしまったり、抜け毛が増加してしまったという人もいるようです。
最近では「シリコン」含有というだけでユーザーが避ける傾向にあることから、メーカー側でシリコンという名前の入らない別のコーティング剤を使うようにしている傾向もあります。ですが、大切なのはコーティング剤はもちろん、コーティング剤が必要なほど洗浄力が強すぎる界面活性剤を使用しているシャンプー本体の方です。
正しい意味での「ノンシリコン」とは、シャンプーの成分そのものが天然成分由来であり、低刺激や防腐剤などの添加物が入っていないもののことです。髪質改善のためのシャンプー選びにはやはり、きちんと成分内容を把握するようにするのがよい方法です。