髪を守るシャンプーの選び方

image

本来は、髪の毛を健康にするために行うのがシャンプーですが、やり方を間違うと逆に抜け毛や薄毛の原因となってしまうことがあります。抜け毛や薄毛の原因となってしまうのは、シャンプーの含有成分が肌に合っていないという場合です。市販されているシャンプーは薬事法によって含有成分の表示が義務付けられています。新しくシャンプーの切り替えをするときには、必ず含有される成分内容を確認するようにしましょう。
シャンプーに含有される成分として、現在ほとんどの製品では「合成界面活性剤」が使われています。合成界面活性剤とはもともと石けんの効果としたあった界面活性機能を化学的に再現し工場で生成できるようにしたものです。この化学成分は石けんに比べて肌に強い刺激を与えるものなので、肌の弱い人などが使うと頭皮にダメージを受け、抜け毛や薄毛を発症してしまうことがあります。
また、成分以外にもシャンプーをしたあとのすすぎを充分に行わずに頭皮や毛髪にシャンプーが過剰に残ったままになっていても、同じく深刻なダメージを頭皮に受けます。特に洗浄力の強い、肌への刺激の強いシャンプーが肌に残ったままになると、受ける影響はかなり大きくなります。
ほかにも、シャンプーをするときに力を入れすぎてしまったり、シャンプーの量や回数が多すぎてしまったりすることも頭皮を傷める原因になります。薄毛や脱毛を防ぐためにも適切なシャンプーを選び、丁寧な洗髪を心がけましょう。

女性用・育毛用など、髪を守るシャンプーが買える通販サイトはコチラ