シャンプーのための道具

image

シャンプーのために使う道具も最近はドラッグストアなどで気軽に手に入れることができるようになってきました。少し以前までは、シャンプーといえば手で行うものと思い込まれていましたが、今ではより丁寧に洗えるようにする洗髪ブラシや、頭につける前に泡だてを行う泡立てネットを使う人も増えてきています。
洗髪ブラシが役立つのは、特にかゆい部分があるときです。手でシャンプーをしていると、ついかゆみのある部分には爪を立ててゴシゴシとこすってしまいがちです。ですが乱暴な手つきでの洗髪は、頭皮に刺激を与えるよくないものです。シャンプーをするときにはマッサージを兼ねて、もみほぐすようにして頭部の血行がよくなるように指を使いましょう。
泡立てネットは、シャンプーの原液を泡立ててから頭皮につけるときに役立ちます。どれほど低刺激のシャンプーであっても、原液をそのまま頭皮につけてしまうのは刺激が強くなってしまうので避けるようにしましょう。石けん系や天然成分由来のアミノ酸系シャンプーは合成界面活性剤に比べて泡が立ちにくいため、泡立てネットを使うと素早く決めの細かい泡を作りやすくなります。
洗い終わった後には、シャンプーのすすぎを行います。このときは、シャンプーが頭皮や髪の毛に残らないように時間をかけて丁寧に流すようにしてください。流すときはお湯を髪の毛ではなく地肌からかけるようにし、マッサージをするように丁寧に手を使います。